脇の黒ずみ 中学生

MENU

脇の黒ずみ 中学生

最近、脇の黒ずみに悩む中学生が多いのをご存知でしょうか?
でも実はこれ、「最近」ではなく、ずいぶん以前からあった問題なんです。

 

なぜならば・・・中学生といえば、第2次成長期の真っ只中。最近は栄養状態がよく発育がよいためか低年齢化してきていますが、女の子は整理が始まるこの時期にグッと身体が変化するんですよね。そして、脇毛が生えてくるのもこのころです。

 

ムダ毛の自己処理による黒ずみ

中学生の悩みは勉強や恋愛のことだけじゃありません。
自我の目覚めとともに、自分の身体に対する悩みを感じるようになり、コンプレックスを持ち始めるのもこの時期だといいます。

 

・自分は友人に比べて毛が濃いけど、どうしてですか?
・ムダ毛の処理はどうやったらいいですか?
・脇の毛がうまく処理できず水泳の時間が憂鬱で仕方がありません。
・自分で脇を剃ってムダ毛処理をしていたら、脇が黒くなってしまいました。どうしたらいいですか?
・・・等々、 親は知らないだけで、子供はたくさん悩んでいたりするようです。      

 

 

こうしたムダ毛の悩みが起こってくる一方で、中学に上がれば部活動をする子が多くなります。
つまり、ユニフォームを着る機会のためにムダ毛処理を必ず行うようになりますし、そうでない子も、思春期の恥じらいから親に隠れて自分で見よう見まねのムダ毛処理を行なうようになるそうなのです。
これって、考えると危険ですよね?
脇の黒ずみの原因第1位が、ほかでもない「ムダ毛の自己処理」なのですから。

 

案の定、自分でいろいろなことをやってしまった結果、脇が黒くなってしまった子が多いようです。
本当はこうなる前に、親が一緒に危なくないムダ毛処理を考えてあげるのがよいのですが・・・

 

中学生の脱毛 我が家の場合

わが家では、たまたま近所の小児科兼外科の病院で医療脱毛が行なわれているということもあり、お医者さんに相談して、中学生に上がったときから医療レーザーによる脱毛を行なっています。
「生理が始まって5年間は脱毛なんてしない方がいいのよ」とどこかで言われたことがありますが、病院の先生は「問題ないですよ」とのこと。

 

子供に痛みの説明をきちんとしておくこと、レーザー照射後は日焼けに気をつけることの2点を言い含めておけば全く問題なく行えました。
もちろん、成長期なので簡単に脱毛が完了するわけではなく、3年(受験期は数か月休止したので、実質2年ちょっと)近く経つ今もメンテナンスには時折通いますがw
その子ももう高校生。中学時代は「脱毛をしていたおかげでユニフォームを着るのも、水泳の時間も恥ずかしくなかった」と言って喜んでいました。

 

そもそもは、@子供の柔らかい肌にカミソリや毛抜きによるムダ毛処理を行なわせるのが嫌だったこと、A医療期間で行なう脱毛であれば、万が一肌トラブルが起こったときもすぐに診てもらえる、という理由で脱毛させることを決めましたが、心からよかったと思っています。
そして、この春からは下の子が中学生。
同じように医療脱毛を行なう予定です。→医療レーザー脱毛!初月0円

 

そして、現に黒ずんでしまった脇を何とかしてあげなくてはいけません。
思春期といえば、ホルモンバランスが不安定なことから、ムダ毛処理をしなくたって脇が黒ずんだりすることも中にはあると思います。
なおさら、そのケアを考えてあげなければいけませんね。

 

脇の美肌ケア 中学生

ホルモンバランスの影響で脇が黒ずんでしまった場合は、妊娠中に黒ずみが起きる場合と同様、ホルモンバランスが安定すれば自然と消えていくので心配はないとのことです。
しかし、ムダ毛処理が原因で黒ずんでしまった場合、大人と同じように美肌ケアを気長に続けていく必要があります。
脇の黒ずみ対策専用クリーム「ピューレパール」が一番安全なケア方法ですね。

 

脇の黒ずみ 中学生

 

毎朝版、これを脇に毎日つけることで脇の肌のターンオーバーが正常に戻るのを待ちましょう。
清潔に保つことと保湿に努めること。この2点が大切ですね。

 

また、まだ黒ずんいない場合も、自分でのムダ毛処理を行ない続けるならば、黒くならないよう予防の意味から脇の黒ずみ対策専用クリームでケアしていくことがおすすめです。
ダメージが定着しないように都度リセットしていく。この考え方ですね(*^-^*)

↓     ↓     ↓

ワキの黒ずみには!【ピューレパール】