脇の黒ずみをとる方法 重曹

MENU

脇の黒ずみをとる方法 重曹

脇の黒ずみをとる方法として、お風呂でしなければやりにくいとか、分量への配慮や準備が必要とか、「重曹」はちょっと面倒な部分はありますが、なかなかいい仕事をしてくれます。
また最近jでは特に、重曹を使った美容法が浸透してきてますので、チェックしておきましょう。

 

ここでは、その「重曹」を使った黒ずみケアをご紹介します。

 

重曹洗浄

重曹のもつスクラブ効果を活かす方法です。

 

@入浴時の濡れた脇に重曹を一つまみ、マッサージをするように優しく塗ります。同様に、かかとやひざなど古い角質だまりが気になる部分に行うといいですね。
そして、1〜2分放置してきれいに洗い流します。

脇の黒ずみをとる方法 重曹


(肌の弱い方は、沁みることもありますので、5分以上放置しないで下さいね。すぐに洗い流すくらいでいいです。)

 

A泡立てた洗顔フォームやボディソープに、一つまみの重曹を加えて混ぜ、その泡で脇を洗います。
重曹のスクラブ効果を利用した洗浄ですね。

 

 


  重曹の粒子はスクラブ効果があるので、くれぐれも強く擦らないように優しく洗って下さい。
  目の粗いお掃除用の重曹ではなく、食品コーナーで売られている重曹がおすすめです。

 

 

重曹パック

重曹の持つアルカリ性と殺菌作用を活かす方法です。

 

@トップページの脇の黒ずみ 重曹にもあるように、重曹を少量の水で溶かしてペースト状にし、脇に塗って2〜3分ほど放置した後、きれいに洗い流します。

 

A重曹と水、お酢を混ぜたものをコットンにしみこませ、それをペタッと脇に貼ります。お手製の簡単炭酸パックですね。
5分ほど放置したあときれいに洗い流します。汚れを浮だたせてくれるので、ケア詰まりによる黒ずみにはとても有効です。

 

 


  肌の弱い人は、重曹が刺激になってヒリヒリすることがありますので、放置時間は調整して下さい。
  お酢の臭いが気になるようならば、穀物酢ではなくりんご酢を使う方がおすすめです。(ちょっと高くなりますが)

 

 

このように、重曹には美容アイテムとしての活用方法が結構あります。
入浴時に行う方法ではありますが、放置時間も必要なので、寒い季節にはあまり向かないお手入れですよね。
行なう場合には、寒くなって風邪をひかないようにご注意ください。

 

 

【重曹よりもお手軽で効果的なケア方法】
当サイトでは、重曹のように準備も片付けも必要なくお手軽に、かつ効果的にケアできるケアクリームでのお手入れをおすすめしています。
その中でも特におすすめなのは、エステ級の美肌効果が評判の「ピューレパール」
60日間の返金保証付でお試しで始めるにも安心なクリームですよ♪

↓     ↓     ↓

ワキの黒ずみには!【ピューレパール】