脇の黒ずみ ピーリングジェル

MENU

脇の黒ずみ ピーリングジェル

一般的に「脇の黒ずみ」といわれているものの中には、肌にできた色素沈着の他にも日焼けだったり、毛穴の汚れだったり、くすみだったり、ムダ毛のそり残しや埋没毛だったり・・・といろいろです。

 

 

しかし、その中で最も多く、しかも解決するのに時間がかかるものが「色素沈着」ですね(>_<)

 

この色素沈着は、一つには紫外線ダメージによるメラニン・・・つまり、日焼けによるシミの濃いものの場合もあります。
でも、一番多いのは、摩擦ダメージによる黒ずみ。

 

皮膚と下着や衣類の繊維が擦れあったり、皮膚同士が擦れあったりすることで、脇の皮膚が防衛反応としてのメラニンを産生してしまい、それが沈着を起こしてしまうわけですね。

 

 

そして、脇の肌はダメージを受けているために肌機能が落ち、新陳代謝(ターンオーバー)が滞ってしまいます(>_<)
すると、できてしまったメラニンが排除されないばかりか、古い角質が蓄積され、角質肥厚を起こしてしまったりするのです。

 

脇の黒ずみ ピーリングジェル

 

そんな肌は、まず角質肥厚を改善し、その上で肌の新陳代謝機能が回復されなければ、黒ずみはいつまでもなくなりません(>_<)
脇の黒ずみをとりたいならば、脇の肌を健康な状態に戻してあげなければいけないということなのです。

 

角質ケアに有効なピーリング

ピーリングとは、古い角質をオフするエクスフォリエーションといわれる角質ケアの代表的な方法であり、グリコール酸やリンゴ酸、クエン酸といったフルーツ酸(AHA)を塗って古い角質柔らかくしてを除去するケミカルピーリングが主流です。

 

 

ピーリングというと、エステや皮膚科、美容クリニックで行なわれるケミカルピーリングを思い浮かべると思いますが、実はそのピーリングと同じフルーツ酸の薬剤をって自宅でピーリングを行なうことができるのです。

 

もちろん、クリニックで行なうケミカルピーリングは、肌の状態を診ながら高い濃度のフルーツ酸で行なわれるため、少々肌への刺激も強めです。
自宅で素人が行なう場合にそのようなケアは危険ですので、自宅でのピーリングは効果を和らげたソフトピーリングとなりますね。

 

 

それでも効果はかなりあるんですよ(*^-^*)

 

角質肥厚やくすみの改善、浅いしわやシミの改善、毛穴汚れの除去・・・と美容効果は高いので、毎日行うのはやり過ぎになり危険(>_<)
週に2度までのスペシャルケアにとどめたいですね。

 

脇の黒ずみ ピーリングジェル

 

そんな自宅でのピーリングは、脇の黒ずみケアにもバッチリ有効です( `ー´)ノ
だって、先にご説明したように、脇の黒ずみに起こっている肌トラブルは、ターンオーバーを促進することで改善される種類のものなのですから(*^-^*)

 

 

そこでおすすめしたいのが、肌にやさしいピーリングジェル「きらりのつくりかた」♪

脇の黒ずみ ピーリングジェル

 

このピーリングジェルは、植物生まれの肌にやさしい処方なので、ダメージを受けた脇の肌の角質ケアに有効に作用してくれるのです。

 

 

脇の肌機能を回復させるためには、毎日行なう保湿と栄養補給という基本ケアがまず必要です。
(そのためのアイテムは、黒ずみケア用クリームでご紹介しています。)

 

 

しかし、その効果を高めるために、週に1〜2度スペシャルケアとしてピーリングを行なうのがおすすめなのです(*^-^*)

 

但し、その場合のピーリング剤は肌に低刺激で優しいものでなければなりません。
そこで「きらりのつくりかた」が最適なのです♪

 

脇の黒ずみ ピーリングジェル

 

両脇のケアならば、写真のようなサクランボ大の量があれば十分です。

 

脇に塗って30秒ほど置いたら、優しくクルクルとマッサージしてみて下さい。
軽くクルクルするだけなのに、ポリポロと古い角質が出てきますよ(゚д゚)!

 

 

週に1〜2度行なう個のケアを1カ月続けると、肌のくすみやごわつきはキレイにオフされツルツル肌になります。

 

その上で脇の黒ずみケアクリームをぬると、成分が一層浸透吸収され効果が高まりますので、ぜひピーリングジェルによるスペシャルケアをやってみて下さいね(*^-^*)

 

 

薬用ピーリングジェル【きらりのつくりかた】

 

 

 

 

半強制的にターンオーバーを促すスキンケアだけに、角質肥厚やくすみの改善、浅いしわやシミの改善、毛穴汚れの除去・・・と美容効果が高いのですが、反面、やり過ぎると角質層が脆弱になってしまい、今度は別の肌トラブルを引き起こすことになってしまいます。