脇の黒ずみ 妊娠中

MENU

脇の黒ずみ 妊娠中

脇が黒ずむ原因の一つに「ホルモンバランスの変化」があります。

 

これは妊娠した女性のみんながみんな経験するものではないですし、気づかずに元に戻った方もいらっしゃいます。
ただ、ある日突然脇を見たら”脇がまっ黒”だとびっくりしますよね。

 

脇の黒ずみ 妊娠中

《妊娠中のホルモンの変化》

 

胎盤から作られるホルモンは主に3つです。
 @HCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)
 Aエストロゲン(卵胞ホルモン)
 Bプロゲステロン(黄体ホルモン)

 

黒ずみはいつから?

個人差があるので妊娠後はいつ起こっても不思議ではありませんが、20週目くらいから起こる人が多いようです。

 

胎盤から作られる3つのホルモンのうち、エストロゲンとプロゲステロンには、メラニン色素を出す色素細胞(メラノサイト)を刺激する作用があります。
故に、妊娠してこの二つのホルモンが増えると、メラニン色素が増えて色素沈着が起こりやすくなり、その結果体のあちこちに黒ずみができやすくなる・・・ということなんですね。

 

 

どこが黒ずむ?

脇の下、乳首、デリケートゾーン、ビキニライン、お腹(正中線と呼ばれる、おへそを中心に上下に伸びる1本の腺)など。
毛深くなる場合もありますね。

 

 

黒ずみ対策のケアは?

ホルモンバランスの変化はどうしようもないことですし、産後も落ち着くまでの期間は、抜け毛がひどくなったりさまざまな問題が起こります。

脇の黒ずみ 妊娠中

 

いずれも、ホルモンバランスが落ち着いたら自然に収束するケースがほとんど。
黒ずみも気が付いたらおさまっている・・・となることが多いので、しばらくは様子をみましょう。

 

 

ただ、稀にホルモンバランスが落ち着いても黒ずみが治らない場合もあるようです。
その場合は、脇の黒ずみ対策専用クリームでお手入れしてみて下さいね。

 

肌にやさしい成分で構成された薬用クリームなので、授乳中のケアも大丈夫ですよ(*^-^*)

 

 

【当サイトおすすめ 脇の黒ずみケアクリーム】

 

黒ずみ解消におすすめのクリーム ランキング

ピューレパール

ピューレパール

エステ級の美肌効果を追求した黒ずみ対策専用ジェルクリーム。
最高級の潤い成分と超高濃度の美白成分をギュッと濃縮して配合。
独自技術で成分がナノ化(微粒子化)されているので、厚くなった脇の角質に浸透し最高級成分が届けられます。
※2018年4月にリニューアルされ、品質&コスパがパワーアップ!
60gで7,600円→2,750円 定期コースで永久返金保証あり
より詳しい説明はこちらをご参照ください♪

 

 

脇の黒ずみ 妊娠中

 

 

 

アットベリー

脇の黒ずみ 妊娠中

元々、敏感肌の人向けに美白保湿用として開発されたジェルクリーム。
ナノ化された浸透性コラーゲンやオリゴヒアルロン酸が肌の角質層まで浸透します。
高分子ヒアルロン酸とセラミドの補給で外部からの刺激を防いで、肌をWケア保湿。
60gで5,440円→2,980円(2017年より値下げ) 180日間返金保証あり

 

 

脇の黒ずみ 妊娠中

 

 

 

クレアフォート

脇の黒ずみ 妊娠中

最近人気急上昇中の美白研究のエキスパートによって開発された黒ずみケア用ジェルクリーム。
乾燥やダメージによって弱った肌力を底上げするとともに、メラニンを抑制する美白効果で黒ずみを解消してくれます。
             30gで4,960円(定期購入は継続の条件なし) 120日間返金保証あり

 

 

脇の黒ずみ 妊娠中

 

 

 

 

上記のクリームは、いずれもワキ対策専用クリームとして売れ筋のもの。
ダメージを受けた肌を回復させるために美肌成分が種類も量も豊富に配合されているので、一般的な美容クリームより高い効果が期待できます。肌の再生機能が復活できるよう気長に使い続けてみましょう。

 

しかもこれらのクリームは、ワキだけでなくビキニゾーンやバストトップ、ひじ、ひざ、おしりなど全身の気になる黒ずみに使うことができます。
どうせ使うならば、この際気になる部分を一気にケアしてしまいましょう。