脇の黒ずみ レモン

MENU

脇の黒ずみ レモン

身近なものを活用して脇の黒ずみをとりたい!!・・・というところから、レモンが見直されてきています。
一般的にもレモンは、疲労回復、風邪予防、二日酔い、美肌と何にでも効効くといわれていますよね。そのレモンが、肌の黒ずみまで消してくれる効果があるそうなのです(^^)v

脇の黒ずみをとる方法,脇の黒ずみ,ピューレパール

 

でもこのレモン。言われてみれば納得ですよね。だってレモンには、ビタミンCやクエン酸という、このサイトでも様々に黒ずみをとるための方法としてご紹介してきた成分がたっぷり含まれています。
改めてその効果を確認しておきましょう♪

 

《レモンの持つ驚きの効果》
〇漂白作用
レモンの果汁には漂白する特性があり、黒く変色してしまった黒ずみを薄くしてくれる効果があります。

 

○美肌効果
ビタミンCがたっぷり含まれているので、シミ、ソバカスなどのお肌のトラブルも未然に防止します。

 

○整腸効果
レモンの中に含まれているペクチンという成分が腸の中を奇麗にしてくれます。

 

○殺菌作用
口と胃の中の臭いを消してくれるほか、歯痛や歯肉炎の症状を緩和する働きもあります。

 

○リラックス効果
お風呂上りに角質等のケアと同時に心のリラックスも得られます。

 

経口摂取(=口から摂って内側から吸収)しても美容と健康に良い栄養素ですから、当然、外側から肌ににっても効果が期待されます。
その使い方ももちろん簡単でいくつか方法があるので、チェックしておきましょう(*^-^*)

 

外国産のレモンなど、皮の部分に農薬がついていることが心配な場合は、薄めた中性洗剤や塩でよく洗ってからご使用くださいね(^^♪

 

 

普通にレモンを気になる部分にこすりつける

輪切りにするなど、果実面が出るようにカットし、ひじやひざ、脇といった黒ずみやくすみが気になる部分に軽くこすりつけるだけです。

 

この場合は、何も新しいレモンでなくちゃ・・・ってことはないので、お料理などに使った跡のレモンを有効活用して下さいね(#^.^#)

 

 

レモンの絞り汁でコットンパック

これまた使いかけのレモンでもOKです。
レモン果汁を絞って、これをコットンに含ませ、脇や気になる黒ずみ部分ににペタッと貼るだけです。
しばらく時間をおいてコットンを外した後も普通に果汁なだけなので、気にならない人は洗い流す必要もないですね。

 

 

豆乳ローションに混ぜて活用

脇の肌のお手入れには、保湿や抑毛を兼ねて豆乳ローションを活用している方が多いのですが、そういった方は、使用している豆乳ローションにレモン果汁を混ぜて使ってもOKです!
さらに美肌効果が期待できていいことづくめですね。

 

 

使いカスを入れた布袋を活用

レモンの使いカスを布袋にまとめてお湯に浸けるだけでもいいですし、さらに入浴中、その袋で全身をマッサージするのも効果的だそうですよ♪

 

 

 

こういったレモンの活用は安価で行ないやすいですし楽しいものですが、ただ毎日となるとちょっと億劫になったり、レモンが買えない日も出てきたりして、なかなか続けられないものなんですよね(>_<)

 

でもこういったお肌のお手入れは、続けることが効果を発揮する秘訣なんです!

 

 

なので、レモン使うようなこういったケアは「よし!今日はやろう!」という気持ちになったときに行なうスペシャルケアとして活用し、普段の継続して行なう基本ケアは、脇の黒ずみ専用クリーム「ピューレパール」を使うようにしましょう(*^-^*)
面倒な準備も後片付けもなく、サクッと必要な部分に塗るだけで済みます♪

↓     ↓     ↓

ワキの黒ずみ専用ジェル!【ピューレパール】