脇の黒ずみを隠すファンデーション

MENU

脇の黒ずみを隠すファンデーション

脇の黒ずみは一度できてしまうと、即効性のある解消法はなく、なかなかすぐには消えません。
黒ずみを消すための成分が含まれた専用クリームを用いてのケアも、数か月単位で根気よく行う必要があります。
故に、このお手入れは、目標を次の露出シーズンと定めて、露出が少ない季節にこそ開始するのがおすすめなのです。
それは、効果が高いといわれるクリニックでのレーザー治療の場合も同様。
1回のレーザー照射で黒ずみが解消されることはまずないと思って、期間に余裕をもって治療を始めましょう。

 

では、今現在ある黒ずみはどうするか?

 

・・・これを隠す方法が「脇用ファンデーション(アンダーアームファンデーション)です。

 

 

しかし、この脇用ファンデーションは気をつけなければいけない点があります。

 

カバー力があるものを選ぶ

せっかく塗っても黒ずみが隠せないようでは困ります。
黒ずみの度合いにもよりますが、腕を上げたときに恥ずかしくない程度のカバー力は必要ですね。

 

 

有害な成分が含まれていないものを選ぶ

発がん性が危惧される成分や、皮膚・粘膜への毒性が危惧される成分が含まれていないものを選びましょう。
どういった成分が体に良くないとされているかの目安は、検索すると「化粧品毒性テーブル」なるものがありますので、そこでチェックするといいですね。

 

 

使用はできるだけ短時間・短期間にとどめる

体に有害な成分が含まれていないとしても、汗腺をふさぐことは新たな肌トラブルを招くことになりかねず良くありません。
脇用ファンデーションを使うのはやむを得ない時だけにした方がいいですね。
あくまでも黒ずみを隠すのは一時的な手段。解消すべくお手入れを続けることを基本に考えるようにしましょう。

 

 

おすすめ脇用ファンデーション

 

 

 

【有効成分】 イソプロピルメチルフェノール
【その他の成分】 セリサイト、メチルハイドロジェンポリシロキサン、合成金雲母、タルク、天然ビタミンE、ノバラ油、ラベンダー油、メンチルピロリドンカルボン酸、タンニン酸、カキタンニン、BG、乳酸Na液、精製水、ユニトリエノールT−27、ハマメリスエキス、チユエキス、紅茶エキス、アーティチョークエキス

 

 

 

しかし、黒ずみの問題を根本的に解決したいならば、隠すことではなく、ダメージを受けて色素沈着を起こした肌を回復させることが先決です。

 

黒ずみ専用クリームで保湿成分と栄養素をたっぷり与えながら、朝晩のケアを地道に行ないましょう(^^♪

 

 

ワキの黒ずみには!【ピューレパール】