脇の黒ずみ除去

MENU

脇の黒ずみ除去

脇の黒ずみ除去を図るときに気をつけなければいけないことは、現に今ある黒ずみを除去すると同時に、以後ずみができる原因を作らないように、生活習慣を改めなければいけないということです。
このことを同時に並行して行わなかったら、一部では黒ずみが軽減し、一部では新たな黒ずみが作られる・・・そんな追いかけっこになってしまいますよね。
黒ずみの除去を徹底するならば、原因の除去も徹底して行いましょう

脇の黒ずみ除去

 

脇は普段外気に触れないとてもデリケートな皮膚です。
ちょっとしたこともダメージになるので、優しく細かい神経をもつことが必要ですね。

 

 

脇の黒ずみは肌がダメージを受けた結果の「メラニン色素の沈着」であり、「ターンオーバーが止まってしまったことによる古い角質の堆積」だとご説明してきました。
そして、そのダメージの具体的原因はこちらにあるように様々です。

 

ということは、今後ケアしなければいけないポイントも多岐にわたるので確認しておきましょう。

 

ムダ毛処理のやり方を見直す

個人的には、ムダ毛処理は自己処理で行うのではなく、プロによる施術をおすすめしたいです。

 

実際、子供にはせっかくの柔らかい肌にカミソリを当てる習慣をつけて欲しくなかったので、中学に上がったときから医療脱毛に通わせています。(一説に生理が始まってから5年はしない方がいい…とありましたが、病院の医師に確認したところ「問題ない」ということでした。)

 

我が家の場合は医療脱毛を選択しましたが、コスト的には脱毛サロンの方がグッと通いやすくなっています。
また脱毛サロンで施術を受けると、同時に脇の美肌トリートメントを行なってくれるので、これまでちょっと荒れ気味だった肌もきれいになると思いますよ♪

 

どうしてもカミソリで行う場合には、必ず専用のプレシェーブローションかクリームを使用するようにしてくださいね。

 

 

日焼け対策を徹底する

スポーツや仕事で日中外で紫外線を浴びる機会の多い人は、脇に紫外線が当たらないように長袖や七分袖を着るようにしましょう。

 

また、顔用の日焼け止めを脇につけることも一つの手ですが、その際にはなるべく短時間の使用にし、家に帰ったら日焼け止めが残らないようにきれいに洗い流すようにしてくださいね!

 

 

制汗剤の使用を見直す

脇のデオドラントケア上、制汗剤の使用がやむを得ない場合は、低刺激のものを選び、使用頻度はできるだけ控えましょう。
またスプレーをする場合は、近すぎる位置でしないことです。汗腺を過度にふさぎすぎることは避けたいですね。

 

 

服選びも見直す

普段の生活のちょっとした動きでさえ、脇の下は衣服と擦れています。
なので、ぴちっとした服は避け、袖ぐりだけでも少しゆったりとした服を選ぶようにしましょう。

 

補正下着をつけている方も注意が必要。ワキだけでなくビキニラインの黒ずみの原因にもなることもあるようですよ!

 

 

 

一旦黒ずんでしまった肌を元に戻すには長い時間と気の長いケアが必要です。
セルフケアで解消できない場合は最終的にはレーザー治療で、となりますが、まずは脇対策専用クリームでセルフケアを頑張りましょう。

 

 

黒ずみ解消におすすめのクリーム ランキング

ピューレパール

ピューレパール

エステ級の美肌効果を追求した黒ずみ対策専用ジェルクリーム。
最高級の潤い成分と超高濃度の美白成分をギュッと濃縮して配合。
独自技術で成分がナノ化(微粒子化)されているので、厚くなった脇の角質に浸透し最高級成分が届けられます。
※2018年4月にリニューアルされ、品質&コスパがパワーアップ!
60gで7,600円→2,750円 定期コースで永久返金保証あり
より詳しい説明はこちらをご参照ください♪

 

 

脇の黒ずみ除去

 

 

 

アットベリー

脇の黒ずみ除去

元々、敏感肌の人向けに美白保湿用として開発されたジェルクリーム。
ナノ化された浸透性コラーゲンやオリゴヒアルロン酸が肌の角質層まで浸透します。
高分子ヒアルロン酸とセラミドの補給で外部からの刺激を防いで、肌をWケア保湿。
60gで5,440円→2,980円(2017年より値下げ) 180日間返金保証あり

 

 

脇の黒ずみ除去

 

 

 

クレアフォート

脇の黒ずみ除去

最近人気急上昇中の美白研究のエキスパートによって開発された黒ずみケア用ジェルクリーム。
乾燥やダメージによって弱った肌力を底上げするとともに、メラニンを抑制する美白効果で黒ずみを解消してくれます。
             30gで4,960円(定期購入は継続の条件なし) 120日間返金保証あり

 

 

脇の黒ずみ除去

 

 

 

 

上記のクリームは、いずれもワキ対策専用クリームとして売れ筋のもの。
ダメージを受けた肌を回復させるために美肌成分が種類も量も豊富に配合されているので、一般的な美容クリームより高い効果が期待できます。肌の再生機能が復活できるよう気長に使い続けてみましょう。

 

しかもこれらのクリームは、ワキだけでなくビキニゾーンやバストトップ、ひじ、ひざ、おしりなど全身の気になる黒ずみに使うことができます。
どうせ使うならば、この際気になる部分を一気にケアしてしまいましょう。