アットノン 脇の黒ずみ

MENU

アットノン 脇の黒ずみ

目だって気になる傷跡ややけどの跡を修復する薬として売り出されているアットノン(小林製薬)。
これは脇の黒ずみにも効くのか?が注目されています。

 

 

黒ずんでしまった仕組みとしては、ダメージを受けて古い角質が蓄積してしまった脇の肌は傷跡と同じもの。
ここに肌の再生を促すアットノンが効果をもたらすかどうかですね。

 

 成分:ヘパリン類似物質
 添加物:カルボキシビニルポリマー、トリイソプロパノールアミン、プロピレングリコール、
イソプロパノール、香料

 

そもそもアットノンは、有効成分のヘパリン類似物質が、血流の循環を良くして皮膚の新陳代謝を促進し、皮ふの炎症を鎮めて皮ふ自体の正常化機能を回復させ、角質に水分を保持させ柔軟性を取り戻すことで、傷あとを改善していくという塗り薬。

 

毛抜きによるムダ毛の自己処理などで、引っ張られた肌が凸凹になった場合などに有効に作用してくれます!

 

理論的にはピューレパールなどの脇専用クリームと同じ効果を期待してのものですね。

 

 

ただ、残念なことにレビューを見ても、脇の黒ずみに対して使用した人は見当たらず、検証結果が確認できません。
主にケロイド状に皮膚が盛り上がったやけど跡や切り傷の後に使用されており、角化症を改善できているようです。

 

皮膚の再生機能を回復させ水分補給をする薬なので脇の黒ずみ解消にも効果がないとは思いませんが、色素沈着をおもに改善したい脇の黒ずみとは期待する効果にちょっとズレがあるかも知れません。

 

より効果的な・・・という意味では、ピューレパールなどの脇専用クリームを塗る方がおすすめですね。

 

 

脇の黒ずみを消すための方法でコスト、効果、利便性の観点から最も継続しやすいと思われる方法が「脇の黒ずみ クリーム」、つまり黒ずみを消すことに特化して作られた専用クリームです。

 

コスト

脇の黒ずみをとる方法として考えられる「レーザー治療」「エステ」「専用クリーム」を単純にコストで比較した場合、1カ月当たり1万円以上かかる「レーザー治療」や「エステ」に対して、「専用クリーム」はわずか5,000円ほど。

 

これを数か月(黒ずみをとるには最低でも数か月はかかるので)継続した場合、その差は広がる一方で、ゆうに10万円以上かかる「レーザー治療」と「エステ」に比べ、「専用クリーム」は3万円ほどです。

 

このように、専用クリームは断然低コスト!まず試す価値のある方法ではないでしょうか(^^)v

 

 

効果

セルフケアに限ってアイテムを比較した場合、必要な数々の成分を豊富にバランスよく、しかも濃く配合されているのは「専用クリーム」ですね。

 

【主な配合成分】
プラセンタ・ヒアルロン酸・ビタミンC・コラーゲン・ビタミンE・セラミド

 

同じようにローションやクリームを塗ることでケアするならば、最も効果が期待できる内容のものがいい・・・それが専用クリームです。

 

利便性

専用クリームは、「お風呂場でなければ」などという使用条件を選びませんし、クリーム自体コンパクトなもので持ち運ぶことができ、結果、気になった時にすぐケアすることが可能です。
継続して行うことが必要なものだけに、負担となる要素は少ないほどいい。つまり、簡単であるという点は大きなメリットなのです。

 

 

これが脇の黒ずみ対策専用クリームをおすすめする理由です!
そして、その中でも最も効果が期待できるのが「ピューレパール」です。
クリームの質という面ではイチオシのクリーム♪エステ級の美肌効果を実感して脇の悩みを解消して下さい\(^o^)/

↓     ↓     ↓

ワキの黒ずみには!【ピューレパール】